INDEX | Adobe Illustrator論 | Adobe Photoshop論 | Macromedia FlashMX論 | LimeWire論 | ozawa-ken論 |
GamesGrid論 | NewNOTEPAD論 | DreamWeaverMX | Sherlock論 | IllustratorプラグインAIDB-Pro |
IllustratorプラグインAI2D Code-Pro | AGENDA 麻雀ゲーム | iPodで覚える日常英会話 場面別1400フレーズ

 

このコーナは私が常に使用している、このSoft無くして今の生活を営んでいくことができない、必要不可欠なMacintshのSoftについていろいろな角度から研究した結果論である。


第3回目Macromedia FlashMX

第3回目はMacromedia社が誇るFlashMXを取り上げてみたいと思います。

はじめて自分の書いたスクリプトで絵が動いたり、次のページを表示できるということに
楽しみと驚きを教えてくれたSoftはマックに以前かならずついてきたHyperCardだった。
しかし、次第にマックの他のSoftが進歩していくにしたがってマックにバンドルされなくなり、
今ではマックはつかっていてもHyperCardは知らないと言う人さえ要るくらいである。

そんなイラストも描けて計算もできる、そしてスクリプトはバージョンと共に進歩していく
HyperCardライクなSoftが今回取り上げるFlashMXである。
まず驚くのがDirectorのWeb仕様的なSoftであるだけだと思っていた私はその制作したムービーの
軽さにびっくりしたのである。音もだせて、写真がびゅんびゅんと動くのになんで
こんな軽いデータでできてしまうの???全くその軽さと美しさこそがFlashの広まった
大きな原因だと思うし、かなりの自由な表現、インタラクティブ性がWeb制作もってこいで
誰もが望んだSoftだったのです。

現在使用中のFlashMX。
MacOSX対応で5からのバージョンアップとなる。表紙のデザインはがらりとかわったが、今回もなかなかシックでかっこいいです。

そんなFlash MXにも面白いイースターエッグがあったのでご紹介します。

Flashを立ち上げ、barのAppleマークからFlashMXについてを選ぶと表紙が表示され、そのMXという文字のXの赤丸の部分のほんの細かい一カ所をダブルクリックすると・・・。

 

<部分の拡大図

なんと6つのゲームが楽しめる画面が現れるのです。どれもFlashで制作されたものなのだろうか?ちょっとしたお遊びには最適です。

今回のバージョンから文字を分解してレイヤーに分けてくれる機能がついてものすごく便利になったし
MP3も読み込めるようにもなりました。

今まで文字をレイヤーに分けることだけで一仕事でしたからね・・・。

これからどんどんネットの世界と共に進歩して、
HyperCardのように無限の可能性を持っている今一番注目されているSoftですね、FlashMXは。

INDEX | Adobe Illustrator論 | Adobe Photoshop論 | Macromedia FlashMX論 | LimeWire論 | ozawa-ken論 |
GamesGrid論 | NewNOTEPAD論 | DreamWeaverMX | Sherlock論 | IllustratorプラグインAIDB-Pro |
IllustratorプラグインAI2D Code-Pro | AGENDA 麻雀ゲーム | iPodで覚える日常英会話 場面別1400フレーズ