INDEX | Adobe Illustrator論 | Adobe Photoshop論 | Macromedia FlashMX論 | LimeWire論 | ozawa-ken論 |
GamesGrid論 | NewNOTEPAD論 | DreamWeaverMX | Sherlock論 | IllustratorプラグインAIDB-Pro |
IllustratorプラグインAI2D Code-Pro | AGENDA 麻雀ゲーム | iPodで覚える日常英会話 場面別1400フレーズ

 

このコーナは私が常に使用している、このSoft無くして今の生活を営んでいくことができない、必要不可欠なMacintshのSoftについていろいろな角度から研究した結果論である。


第2回目はAdobe社が誇るphotoshopを取り上げてみたいと思います。

私は初めてマックのSoftでさわったのがPhotoshopでした。友人に教えてもらって、何となく写真を加工するためのSoftなんだな〜くらいしかなく思って無く、見ていた画面もパワーブックのモノクロ画面でそれほどの衝撃というものはなかったんです・・・。

が、その人がブラシツールで写真にば〜とスプレイをしたときに全身が凍りつくくらいの感動を覚えたのです。

「すげ〜、これってこのまま印刷に回せるの?」「そりゃそうだよ、そのためのSoftだもん」
「・・・・・」

現在使用中のphotoshop6。
MacOSX対応のバージョン7も遂に発売で、時代はどんどんOSXへ移行されていきます。

マックを買う切っ掛けとなったのはPhotoshopを自分で自由に操っていろいろな写真を加工してみたいというのが最大の理由だったのです。

それからは会社への通勤時間の読書は全てマック関係、Photoshop関係の本ばかりとなり、ねる時間も惜しんで兎に角、写真の加工ばかりの日々が続きました。正直、現在使用している他のSoftでも、ここまでの完成度の高いSoftは見たことが無く、バグらしいバグは全くないという安定制がPhotoshopにはあり、スムーズによりよくバージョンを重ねるこのSoftは、私のマックに入っていないということは今まで一度もありません。

最近、仕事で新しい写真をなんとなくレトロっぽくするという方法を使いました。よく雑誌とかでは見る加工の仕方をちょっとここで説明します。(最近のお気に入りの加工方なんです)

1.この今風の写真をレトロ感のある写真に仕上げるには・・・・?

2.レイヤー上でこの写真の複製を創ります。
レイヤーには背景と背景コピーの2つとなります。

3.今度はその背景コピーの写真にフィルタからぼかし(ガウス)を適用します
4.いかにもPhotoshopのぼかしという感じで、この瞬間が凄く私は好きなんです。
では、ぼかし加減は6.4位でいいかな?
5.こんどは写真の赤い囲みにされた部分を比較(暗)にします。

6.すると写真はぼけているのですがその中心はしまっているという何とも不思議な感じのレトロ感が漂った写真ができあがり。
この手の写真って雑誌ではよく見るんですけれど、どうやってこうなるのか全然わからなかったのですが、最近やっと発見したので紹介しました。(はは)

DTP系の仕事をしているため、本当にphotoshopはお世話になっていて、写真を加工しながら好きな音楽を聴いていると言うときが一番幸せな時間です。
だから、Photoshopには幸せを感じます。(単純)
もう、出来ないことはないというくらいに、不可能を可能にしてくれるPhotoshopなのでこの一回だけでは言い尽くすことなどとうてい無理な話なので、別の機会にまた紹介させて頂きます。
これから10年後にも私のマックにはphotoshopはインストールされていることでしょう。

INDEX | Adobe Illustrator論 | Adobe Photoshop論 | Macromedia FlashMX論 | LimeWire論 | ozawa-ken論 |
GamesGrid論 | NewNOTEPAD論 | DreamWeaverMX | Sherlock論 | IllustratorプラグインAIDB-Pro |
IllustratorプラグインAI2D Code-Pro | AGENDA 麻雀ゲーム | iPodで覚える日常英会話 場面別1400フレーズ