Photoshop tips「画像の傾きを直そう!」

 

教授:プリントされている写真をスキャナーで読みとったのはいいが、画像が傾いてしまった、もしくは、デジカメの写真が傾いている・・・、そのようなことはよくあります。この傾きを直す方法さえ知っていれば、もう心配はいりません。

生徒:はい!フォトショップの画像の画面に定規でラインを引いて変形の回転で
   ラインに沿うように回転させて、修正しています!

教授:・・・・・、いえいえもっと簡単に傾きを直す方法があるんです。

生徒:え!?なに・・・・。

教授:このような方法で傾きは簡単に直るのです。

あらら、取り込んだ写真が傾いてしまったますね、これでは人にメールで送ったり、プリントしたりするのも、ちょっと問題があります。

そんなときは便利な「ものさしツール」を使用しましょう。

Photoshop7では、スポイトツールと同じ場所にあるので、注意してさがしてください。

では、傾いた画像の角度のついた部分をものさしツールでラインをまずは引きましょう。
かなり傾いていますね・・・。

次にイメージから
カンバスの回転
角度入力を選ぶと左の画面が出るはずです。
もう角度が勝手に入力されています。

では、OKを押してみましょう

あら不思議、Photoshopが勝手に角度を修正して、画像もちゃんと水平にしてくれました。
このやり方だと、画像を自分で回転させて修正するよりも正確で、簡単に傾いた画像の傾きを直すことができるのです。

 

MacOSXでDTPを!